特殊清掃は普通の掃除と何が違う?~プロ中のプロだからできる仕事~

通常の清掃とは違う特殊清掃について詳しくなろう

特殊清掃は普通の掃除と何が違う?~プロ中のプロだからできる仕事~

スポンジ

万全のサポート体制で清掃してくれる

孤独氏や事故死、あるいは事件の現場となってしまったお部屋を清掃し、現状復帰をしてくれるのが特殊清掃員です。こういった現場というのは通常の清掃では落ちない汚れや臭いというものがあり、専門の技術が必要となってきます。また一般の方がこういった現場を清掃するというのは精神的にもかなり辛いものがあり、そういった作業を代行し綺麗にしてくれるといった役割も持ちます。マンションのオーナーや家主の方など、一刻も早く現状復帰を望んでいる人達にとっては、こういったプロに任せてしまう方が効果的でありニーズも多くあります。

利用者の要望に迅速対応

特殊清掃を依頼する人の要望はさまざまです。とにかく臭いをなんとかして欲しい、取れない汚れを綺麗にして欲しい、あまり近所には知られたくないなど、状況によって利用者の希望を受け清掃を行なう事になります。特に部屋の住人が亡くなっていた場合などは死後時間が経過していると臭いもひどくなっていたり虫もわいていたりと、一刻も早く現状復帰させる必要があり清掃員には迅速が対応が求められます。出来るだけ早く綺麗し、顧客のプライバシーにも配慮していかなければなりません。また利用者が遺族の場合、大家や管理会社の担当者の間に立ち、話し合いや説明をする役割も持ちます。

一般的な掃除との違い

一般的な清掃と特殊清掃はその内容が大きく異なります。まず多くの現場で一般的な清掃における汚れとはまったく違ったものを清掃する必要があり、特殊な技術を持っていなければ汚れを落とす事はできません。例えば事件の現場だったりすると血液や体液が壁や床に飛び散っていたりするので、そういったものを除去する為の専門技術を要します。臭いの除去も多くのケースで必須となり、一旦臭いが染み付いてしまった部屋は通常の方法ではなかなかその臭いを取り除く事は出来ません。こういった時にも特殊な液剤や技術が必要となるので専門の清掃が求められます。

特殊清掃に関する疑問を解決!

特殊清掃の料金はどうやって決まるのか?

特殊清掃における作業料金は亡くなった場所であったり、亡くなり方など、現場の状況によって異なってきます。部屋の住人が亡くなったばかりで原状回復が容易な場合はそれほど掛かりませんが、死後かなり経っており、腐敗や悪臭が酷いものや凄惨な事件の現場などは現状回復までが困難なため費用も高くなります。過去の施工例に応じて一応の目安はあるので気になる人はあらかじめ確認し、事前に見積もりを取っておくと良いでしょう。

清掃後に追加料金が掛かる場合はあるのか?

これは特殊清掃の業者によって異なりますが、多くの場合は事前に現場を確認してから見積りを出し利用者に確認を取るので追加料金が掛かる事はありません。確実にしたい場合はウェブサイトで追加料金が発生しないと明記している業者を選んだり、問い合わせで確認しておくと安心です。清掃中、または清掃後にこちらから追加で何か作業を頼む場合には別途料金が発生する場合があるので、その都度確認をして掛かる費用をたずねておくと、予定外の出費となる事はなくなります。

本当にどんな現場でも清掃してもらえるの?

事件現場であったり、ゴミ屋敷、孤独死などあらゆるケースに対応出来るのが特殊清掃なので、法律に触れるような事がない限りはどんな状態の現場でも対応して貰えるはずです。安全性に問題があり、清掃員が事故で怪我を負う危険がありそうな場合など一部難しいケースがないとは言い切れない為、そういった時には問い合わせて清掃が可能かどうか確認する必要がありますが、悪臭や汚れ、悲惨な状況であるといった点で断られる事はありません。

広告募集中